≪2010年≫
・4/21(水) WS 自分流ダンスとプレイバックシアター 講師:橋本久仁彦さん
・2010.4〜2011.3 年間WS プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園やまぐみ
・5/18(火) パフォーマンス @NPO法人スマイル
・6/1(火) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASO
・6/26(土) パフォーマンス @高槻市 星のクリニック 老人デイケア
・8/11(水).12(木) 日本海竹野海岸 まざぁりぃふ合宿
・11/3(水) 劇団合同練習参加 @フェンススタジオ 
     ≪2011年≫
・2/16(水) 老人ホーム出張パフォーマンス
・5/19(木)〜年間WSvol.2スタート! プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園
・毎月第4木曜日開催中 エンカウンター・グループ×ワークショップ@絵本文庫
・6/1(水) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASOに出演します!
・12/18(日)パフォーマンス 大阪市民交流センターなにわ@芦原橋
     ≪2012年≫
・2/8(水)〜全5回講座 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪ @なにわ芦原橋
・3/27(火) ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座@なにわ芦原橋
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
・10/31〜11/28(水) きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続ワークショップ
     ≪2013年≫
・2013年偶数月第4木曜日 相聞の杜(ミニカウンセリング研究会)全6回 @高槻梶原
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
こうして、1年間のロングランワークショップが、スタートしました



ちょうど今から、一年前の3月10日の午後。

高槻梶原にひっそり佇むピッコロ保育園へ、
卒園前の年長クラスやまぐみさんの部屋で、
プレイバックシアターでパフォーマンス訪問をしました。

早春の冷たい雨降るなか、さくらんぼの花が満開に咲いていました。

ピッコロ保育園 2009.3.10

まざぁりぃふ6名と有志の方と、
一緒に昨年度のピッコロ保育園の年長さんたちと、
プレイバックシアターのパフォーマンスを楽しみました。

5・6歳の子どもたちと プレイバックシアター、正直すごかったです。
言葉で表れることはほんのわずか。
・・・であっても、
そして、たとえ手をあげて何もしゃべらなくても、
その子の全体そのまんまを、プレイバックすると、
その子は、まっすぐ舞台で即興表現される自分を見つめ、
どの子も、さっきまでとはちょっと違った眼の色で何かをじっと観ているのです。

もしその眼の色を言葉で現すなら
畏敬 とうい言葉なんでしょうか・・・
なんていうんだろう?あの眼の色・・

さてこのあとの展開は驚きでした
子どもたち、ホンマに畏るべし・・です。

「ミュージシャンやりたい!やりたい!」とすごい反応。
なので途中から、毎回ミュージシャンを募集したのですが、
これがまた「やりたいひとぉー?」って聞く前から手はすでにもういっぱい挙っていて、
真剣勝負のジャンケンが繰り広げられる (なんなんだろ?この真剣さ)

そして、何人かの子どもがプレイバックされるのを観ていると、
テラーになりたい子どもたちが、どんどん、どんどん、増殖しはじめ、
ふしぎなぐらい、手が、どんどん、どんどん、挙がりはじめていき、でも、
何かを話したいとか聴いて欲しいとか・・そんな感じでもなくて・・

 舞台で自分に変身してくれるエネルギー体が、
 子どもたちの足からお腹へ、そして、
 胸に突き上げ、手の動きや言葉となって、
 溢れ出し、表出してきた、かのようでした。

 表現とは、このようなエネルギーの表出 のことなのかもしれない・・

すると、アクターに自ら志願する子も表れ、
そのアクターぶりも・・それはそれはすごかったです。
立っているだけで、莫大な、エネルギーを放つのです。

最後は、ズラリと大人と子どもたちのアクターが並び、
子どもたちのミュージシャンと、共に、舞台の上では、
たった1人の子どもの存在を、プレイバックする。

そしてそれぞれの「楽しかった」というエネルギーとの出遭い。
まざぁ・りぃふにとっても本当に貴重な場と経験となりました。

隣の部屋でお昼寝から起きたばかりの年中の子どもたちの、
ドアの硝子越しにへばりついて観ていた顔がとても印象的でした。

その硝子越しにへばりついてこちらを覗き込んでた子ども達は、
つまり今のやまのなかまち、やまぐみさんたちです。

そして翌月の4月から、新年長クラスであるやまぐみのこどもたちと、
年間通じて毎月プレイバックシアターワークショップを取り組むという、
貴重なご縁と、冒険的な機会を戴きました。


こうして、1年間のロングランワークショップが、スタートしました。
 

16:00 - comments(0)
スポンサーサイト
16:00 - -
comment

message :