≪2010年≫
・4/21(水) WS 自分流ダンスとプレイバックシアター 講師:橋本久仁彦さん
・2010.4〜2011.3 年間WS プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園やまぐみ
・5/18(火) パフォーマンス @NPO法人スマイル
・6/1(火) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASO
・6/26(土) パフォーマンス @高槻市 星のクリニック 老人デイケア
・8/11(水).12(木) 日本海竹野海岸 まざぁりぃふ合宿
・11/3(水) 劇団合同練習参加 @フェンススタジオ 
     ≪2011年≫
・2/16(水) 老人ホーム出張パフォーマンス
・5/19(木)〜年間WSvol.2スタート! プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園
・毎月第4木曜日開催中 エンカウンター・グループ×ワークショップ@絵本文庫
・6/1(水) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASOに出演します!
・12/18(日)パフォーマンス 大阪市民交流センターなにわ@芦原橋
     ≪2012年≫
・2/8(水)〜全5回講座 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪ @なにわ芦原橋
・3/27(火) ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座@なにわ芦原橋
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
・10/31〜11/28(水) きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続ワークショップ
     ≪2013年≫
・2013年偶数月第4木曜日 相聞の杜(ミニカウンセリング研究会)全6回 @高槻梶原
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
≪立春≫ 相聞の杜 / まざぁりぃふ 〜 第1回ミニカウンセリング


1月31日のピッコロ保育園山組っ子たちとのコラボワークショップを皮切りに
今年のまざありいふが始動しはじめました。
コラボワークショップと つい書いてしまうのは、こちらで内容を用意せず、子供たち
と話し合って出来上がっていく背景と、今回は特に 自由に好きなことを公園内で
やった時間に、なんともいえない開放感と 守られている安心感を全身で感じてしまったからでした。
実は、この疲れとか色々を背負った大人たちを 深い懐で守って 許して みつめてくれてるのは
子供たちの方なのではないのか!!
真相はいかに??まだまだ続けて 進化(深化)する過程を深く洞察して行きたいとともに、
子供たちの力を借りて 野生のアンテナにみがきをかけていきたいとおもいます。。。

さてさて 今年も芽を出したまざありいふですが、ことしはちょっと新しいことにチャレンジです。
たけのこ文庫でのエンカウンターグループを、各月で、きくワークショップにしてみます。
その名も「相聞の杜」そうもんのもり  
まずは15分間のミニカウンセリング形式からスタートし、参加者のエネルギーに合わせて
アメーバみたいに形は変容していくのかも知れません。
スタートは、私とかぜのすけのミニカウンセリングのケースを検証してみます。
相聞の杜の探検、そこにはなにがあるのか。参加してみたい方は是非ご一緒に!!

。。。青木まゆこ。。。



                相聞歌
                   ふわふわ。り




みなさま、こんにちは。

明けましておめでとうございます。
新年もよろしくお願いいたします。

毎月、梶原円坐をひらいて昨年の末で55回と会を重ねてまいりました。

新年からは、奇数月に、梶原円坐(非構成的エンカウンターグループ)を、
偶数月には、ミニカウンセリング探検隊という「相聞の杜」をはじめます。

相聞の杜を体験し探検してみたい、と直感された方はぜひご一報ください。

相聞の杜メンバーとなって、年に6回、古民家梶原たけのこ文庫に集まり、
相聞の杜を散策し、それぞれの視点や、視界や、景色を味わい、シェアし、
「ミニカウンセリング」という様式にあらはれる多層フィールドを共有します。

ミニカウンセリングの様式とは、
相互に聞き手・話し手となって、
15分間をそのまま録音し、
その時空にあらはれる、
言葉や、息づかい、
間や、沈黙、
自然の音や、環境音を、
そのまま、紙にうつしとり、
15分の時空の実相を味わう、
そのような様式のことです。

15分の録音と記録は、
二人だけの相聞歌です。

探検隊と共に耳を澄まし、
各自にそれぞれあらはれる景色を、
味わいたいと思います。

「聞き耳」と「聴く耳」とは、どんな耳なのか、ふと、気になったことがあります。

わたしの第一印象は・・
前者が、聞き身、耳を澄ます、身体で聞く、といった感覚で、
後者は聞く意思みたいな、そんな感じです。

枕草子に、
 おなじことなれども ききみみいなるもの
と、聞き耳という言葉が登場します。
「聞耳頭巾」という伝承のお伽話も、各地にあります。
この不思議な、わきおこる感覚は、わたしの中で、ひろがるばかりです。

第一回相聞の杜の咲く品、
いえ・・作品作り担当は、
スタッフのまゆちゃんとかぜのすけです。

第二回目以降は参加希望メンバーで、
作品作りのパートナーを決めていただけます。
もちろんはじめてでも大丈夫です。

ご一緒に楽しめますご縁を、
心よりお待ちしております。


相聞の杜スタッフ : まざぁりぃふ くぅ(松岡弘子)


 ・ ・ ・ 


「きくこと」
一般的にきくとは相手の話を聞く、理解する、共感する、傾聴するという感じでしょうか。
その点から行くと、私は努力しても意識しても頑張って「よっしゃ聴くぞ〜」と構えても、
なかなか、まずほとんど聞けていない。
自分がきけたと思えるようには。
相手が言っていること全ては。

でも もし「きくこと」の中に、野生的な勘を働かせながらそこの場所にいること。
相手の野生を感じ、吸収し、自分と繋がり、「あぁ〜」と沸き起こる感動を共に味わい、
自分に帰ってきた時に何かしらの自分の位置の変化に気づく。
こんな 頑張ることとはかけ離れた でも わりと命がけの向き合い方をする事。
こんな「ききあいかた」が出来ると素敵だなあ、
嬉しくて自分が広がっていけるかなあ。
なんて思う今日です。

きくワークショップ「相聞の杜」これから始まる未知の探求。
でも、本当は奥底で皆が知っていることなのかもしれない。
あぁ〜楽しみです。


相聞の杜スタッフ : まざぁりぃふ まゆちゃん(青木麻由子)


 ・ ・ ・ 


いつの頃か、「きく」ということに、
 関心を持ち始めて、今に至っています。

「きく」 には、
一般的に「聞く」、カウンセリングで言われる「聴く」などありますが、
私は「聴く」に近づきたい感じがあります。

「聴く」ことはとても難しいです。
聴けたと思ったら、
どうも思った時から、
聴くから離れている(つまり聴けていない)と感じます。

私にとっては、
これから先ずっと取り組みたいモノの一つです。

取り組んできた中で、こんなことを思うようになりました。

それは、聴くという態度の中に、なんらかの愛があるのではないか、
ということです。唐突かもしれませんが、そんな風に思うのです。
逆説的に言うと、愛がないと聴くことができない、なんです。

この愛という言葉が、適当な言葉かどうか、本当のところまだわかりません。
けれど、私は仮りに、愛という言葉を使おうと思います。

そして、ただ聴くだけでは足らないように感じます。
聴いてもらうことも必要なんです。
聴くことだけでも、聴いてもらうだけでも、違う気がします。
双方があるのが、自然な感じがします。

それの上で、「聴く」に、こだわりたいです。

これから、聴くことに関心を持った人が集まって、
聴くことと聴いてもらうこと、この双方を行って、
 どんな時間だったか、どんな感じだったかを確認して、
「聴く」を深めていけたらと思っています。


相聞の杜スタッフ : まざぁりぃふ かぜのすけ(藤崎育子)




●―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●


≪ 相聞の杜 〜 第1回 ミニカウンセリング ピッコロ(ちいさな)ふりーすぺーす ≫


◆ 日 時 : 2013年2月28日(木) 13時〜16時  

◇ 参加費 : 相聞の杜 (ミニカウンセリング) 500円

◇ ウェブサイト : http://blog.goo.ne.jp/piccolo-freespace

◇ 相聞の杜探検隊 世話人 : 松岡弘子 ・ 青木麻由子 ・ 藤崎育子  

◆ 場 所 : たけのこ文庫 (大阪府高槻市梶原1-5-13)

◇ 申 込 : piccolo-freespace@mail.goo.ne.jp 青木・松岡 080-3786-3037 松岡

◇ 主 催 : まざぁりぃふ http://pt-motherleaf.jugem.jp/


●―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●



                







00:00 ワークショップ comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :



管理者ページ