≪2010年≫
・4/21(水) WS 自分流ダンスとプレイバックシアター 講師:橋本久仁彦さん
・2010.4〜2011.3 年間WS プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園やまぐみ
・5/18(火) パフォーマンス @NPO法人スマイル
・6/1(火) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASO
・6/26(土) パフォーマンス @高槻市 星のクリニック 老人デイケア
・8/11(水).12(木) 日本海竹野海岸 まざぁりぃふ合宿
・11/3(水) 劇団合同練習参加 @フェンススタジオ 
     ≪2011年≫
・2/16(水) 老人ホーム出張パフォーマンス
・5/19(木)〜年間WSvol.2スタート! プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園
・毎月第4木曜日開催中 エンカウンター・グループ×ワークショップ@絵本文庫
・6/1(水) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASOに出演します!
・12/18(日)パフォーマンス 大阪市民交流センターなにわ@芦原橋
     ≪2012年≫
・2/8(水)〜全5回講座 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪ @なにわ芦原橋
・3/27(火) ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座@なにわ芦原橋
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
・10/31〜11/28(水) きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続ワークショップ
     ≪2013年≫
・2013年偶数月第4木曜日 相聞の杜(ミニカウンセリング研究会)全6回 @高槻梶原
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
第四回 きくみるはなす縁坐舞台の可能性をめぐる  まわんか/影舞 2014年6月9日(月)14:30〜17:00

蓮



みなさま
 
こんばんは。松岡弘子です。
昼間は初夏の風に葉が揺れ、木漏れ日がまばゆいですね!
きくみるはなす縁坐舞台の可能性をめぐる まわんか / 影舞 のご案内です。
影舞は誰にでもできる舞いのかたちです。
 
影舞の舞台では、
音や歌や言葉がきわだち、
見るひとの内面の景色が、おもわずあらわれます。
 
舞台の上の舞う姿は、
鶴が舞い降りたような・・
得も言えぬ迫力と美しさです。
 
影舞は、
見せる舞いではなく、
景色を見る(魅入る)、舞いだからでしょうか。
 
 いさうたへ
 われたちまわん
 ぬばたまの
 今宵の月に
 いねらるべしや
 
思い出の歌やお気に入りの曲、
暮らしの音や日常の会話の録音など、よかったら当日持ってきてください。
影舞の舞台で舞い、見てみましょう。
 
どなたでもどうぞ、
ご一緒できますご縁をお待ちしています。
 
松岡弘子
 
以下の文章は影舞に寄せた、
青木麻由子さんの言葉です。
真剣の刃がキラっと光っています。。
よかったら読んでください m(_ _)m!
 
  ・・・
 
まわんかで試みている影舞(かげまい)は、今の見せる芸能と、昔から受け継がれてきている神歌や神事での舞とが有るとすれば、私は後者に近い気がします。
 
元々、歌や踊りはそういった神や宇宙と言ってしまって良いのか、何か見えないものとつながる、又は聞き入れてもらう為の魂の叫びの様なものからはじまったのかなあなどと思い巡らせています。
 
いつもの自分が舞台に上がる迄のあいだには少し勇気がいります。
その感覚は…
見られると言うことを意識する感じではなく、手持ちの自分を棄ててその場に挑む勇気と言う感じでしょうか
ピンと真ん中に糸をまっすぐ張るような。
 
幼い頃、大きなすべり台から降りるときに勇気がいったような感覚に似ているかもしれません。
 
しかし不思議なことに、影舞を踊る前や踊ったあと、恥ずかしさがありません。
 
失敗したらどうしようとか、どんな踊りを見せようとか。
自分がどう見えたか、変じゃなかったかとか。
 
その辺のところに全く意識がシフトしていません。
 
映像に残して後でみるときは、全く観客となって自分の動きも楽しんで見ることができます。
 
その場を共にしていない人に見せると退かれることが多いですが(笑)
 
一番緊張感があるところは、まさに踊っている最中です。
 
一緒に踊る人と点で触れている皮膚の感覚、伝わってくる震え、熱、じわっと汗がしみ出てくる感じ。
 
それから、そのひとから出ているのか、自分から出ているのか、はたまたその場に起こってきているものなのか、エネルギーのようなものがあり、それに沿っている感じがあります。
 
私が舞う時、外側から見ていると、静かに動いているように見えるかもしれませんが、私の内側では ああでもないこうでもない、わー!きゃー!と大騒ぎです。
 
人が舞っているのを見た時は、曲を変え人を変え何度か重ねているうちに、いや、その一回の中でも変容して行く様をみました。
 
どうしようもなく人間で、そして人は信じられないくらい色んな表情や役割を既に持っていることなど。
 
そして自分にもうつしこむことができます。
 
その場面は  誰がおどっても 誰が切りとってみても  計算しコントロールしきれない不動のものがある気がします。
 
回を重ね四季のように自分の中の景色が変容していく様を、行楽にいく気分で楽しみたいとおもいます。
 
一度ご一緒してみませんか。
 
。。。青木麻由子。。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪ きくみるはなす縁坐舞台の可能性をめぐる 第4回 まわんか / 影舞 ≫
 
◆ 縁日 6月9日(月)14:15〜17:00 
◆ 舞台 南風楽天 (大阪府高槻市高槻町1−23 ネオ常磐1F) 
◆ 木戸銭 弐千円
◆ お問合せ・申込み先 mawanka88@gmail.com 松岡弘子・青木麻由子
◆ まわんかウェブサイト http://enzabutai.blog.jp/
 
 
さいごまで読んでいただきましてありがとうございます。
松岡弘子・青木麻由子

 

06:10 - comments(0)
スポンサーサイト
06:10 - -
comment

message :



管理者ページ