≪2010年≫
・4/21(水) WS 自分流ダンスとプレイバックシアター 講師:橋本久仁彦さん
・2010.4〜2011.3 年間WS プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園やまぐみ
・5/18(火) パフォーマンス @NPO法人スマイル
・6/1(火) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASO
・6/26(土) パフォーマンス @高槻市 星のクリニック 老人デイケア
・8/11(水).12(木) 日本海竹野海岸 まざぁりぃふ合宿
・11/3(水) 劇団合同練習参加 @フェンススタジオ 
     ≪2011年≫
・2/16(水) 老人ホーム出張パフォーマンス
・5/19(木)〜年間WSvol.2スタート! プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園
・毎月第4木曜日開催中 エンカウンター・グループ×ワークショップ@絵本文庫
・6/1(水) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASOに出演します!
・12/18(日)パフォーマンス 大阪市民交流センターなにわ@芦原橋
     ≪2012年≫
・2/8(水)〜全5回講座 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪ @なにわ芦原橋
・3/27(火) ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座@なにわ芦原橋
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
・10/31〜11/28(水) きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続ワークショップ
     ≪2013年≫
・2013年偶数月第4木曜日 相聞の杜(ミニカウンセリング研究会)全6回 @高槻梶原
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
第五回 きくみるはなす縁坐舞台の可能性をめぐる まわんか/影舞 2014年7月7日(月)14:30〜17:00
紫陽花

みなさま
 
こんにちは。松岡弘子です。
ある月夜に、七夕さんを想っていました。
 
七夕さんは古くはお盆の行事の流れで、
海の彼方より七月一日に来た七夕さまを、
笹の葉をヨリシロにして人々は短冊に言葉を書き、
七月七日に、ヨリシロごと川に流す行事でありました。
 
滋賀の余呉などにみられるように、
日本各地で七夕行事と羽衣伝説は重なっていて、
沖浦和光氏の「竹の民俗誌 -日本文化の深層を探る-」によると、
羽衣という美しい翅のある昆虫と竹の成育圏は一致するのと同じく、
日本のあちこちに残っている羽衣伝説と、七夕行事とが結びついて、
絹の羽衣のように笹の葉はさらさら軒端に揺れ幾重にも彩を重ねて、
初夏の日本の風情を、さらに味わい深いものにしています。
 
七夕さんといえば、なぜか竹は欠かせませんが、竹といえば・・
 
竹取物語の「かぐやひめ」の「かぐや」という言葉には、
古い言葉でいうところの、「かげ」という説があります。
 
ここでいう「かげ」とは、
古語辞典に書いてあるような、光の意味でしょうか・・
 
おそらく、
闇と光の、間(ま)にあらわれる、カゲロウのような、
翁や媼にとって、そして都中の人々が一目見たいと焦がれる、
天女の如き稀なる、カグヤヒメのような、
そんなアラワレというか現象のようにおもわれます。
 
影舞を舞うとき、ある種の磁場=関係性のなかでは、
ひとは「かぐや姫」や「かげ郎」になることがあります。
 
歴史とは時間と空間が織りなす場であるという視界が、
私にはあって、
影舞やきくみるはなす縁坐舞台にも歴史があらわれる、
そんな景色が、
現在の私にはあります。
 
残光や面影といった、
あったのにもうない、いたのにもういない・・
もしくは、なかったのにいまはある、いなかったのにいまはいる・・
 
これは、いったい、何なのでしょうか?
 
それはひょっとしたら・・
いまはむかしという出だしにもあるような時間的な二重構造でもあり、
口承説話や伝説や物語の中に見られる空間的な二重構造でもあり、
ミニカウンセリングのトレーニングや相聞の杜における、
15分間という仕切られた時間と空間にあらわれる二重構造でもあり、
 
このような二重構造の視界(=二重構造の景色がみえるまなざし)をもつことは、
ひいては、きくみるはなす縁坐舞台や影舞にあらわれるる歴史についての視界にも通じていて、
不可思議な感動や衝撃だけに留めず、さらになにかを問い、みつめる視力にもつながるのではないか、
 
というところに、今、辿り着いています。



さてこの先、どのような景色があらはれるのでしょうか? 未知な道行きの旅です。

  今宵 舞いませ 七夕に
 
探求の旅をご一緒できますご縁、ありがたくお待ち申しあげます!   

松岡弘子



 
 ・・・


 
まわんか南風影舞倶楽部

月に一回月曜日の昼下がり
高槻駅 南口から線路沿い東に歩くこと56分。
屋根のテントに「南風楽天」と大きく描かれた、南の匂い?懐かしい匂いがするお食事処。

マスターが留守の間に、何やら怪しげな集まりが行われています。

その集まりも、次回で一旦締めるとのこと。

さあ、何をしているのでしょう。

テーブルや椅子を全部セッセと外に出し、
ワイワイゲラゲラ騒ぎながら、レジャーシートを広げて輪になって座っています。

一人の女性が静かに話し出すと、
皆静かになり、一人一人丁寧に言葉を紡いでいます。

暫くすると、動き出しました。

それぞれがそれぞれの動きで集中しています。

音がなったりならなかったり。大きな動き、細かい震え。
ゆっくりと回り始めたり、地面に近づいたり。

一体何をしているのでしょう。

何だかわからないけど、何やらいつもと違います。

真剣で、集中していて。

見ている人も身を乗り出したり、ジーンとしていたり息を飲んだり。

笑ったり、手に力が入ったり。

どんどん、皆の表情が変化して行く。

静かに を味わっている。

時間がいつもより重厚に過ぎて行く。

又円になって静かになって。

と思ったらあらあら、一気に片付け始めて、あっという間にそれぞれが帰って行きました。
「お疲れーっす!」
「あーー!メッチャお腹すいたぁーー!」なんて言いながら。

あー、何だかわからないけど、見ていて楽しかったわ。
次で一旦閉じるのね。
今度も見逃せないわね。
何が起きるのかしらね。

お店の前の駐車場の塀の上から見ていた、スズメの独り言でした。

次回は最終回、77日七夕です。
月曜日の昼下がり、南風楽天に集合です。。。

青木麻由子
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
≪ きくみるはなす縁坐舞台の可能性をめぐる 第5回 まわんか / 影舞 ≫
 
◆ 縁日 7月7日(月)14:15〜17:00  
◆ 舞台 南風楽天 (大阪府高槻市高槻町1−23 ネオ常磐1F) 
◆ 木戸銭 弐千円
◆ お問合せ・申込み先 
mawanka88@gmail.com 松岡弘子・青木麻由子
◆ まわんかウェブサイト 
http://enzabutai.blog.jp/
 
 
さいごまで読んでいただきましてありがとうございます。
松岡弘子・青木麻由子
 
 

 
06:32 - comments(0)
スポンサーサイト
06:32 - -
comment

message :



管理者ページ