≪2010年≫
・4/21(水) WS 自分流ダンスとプレイバックシアター 講師:橋本久仁彦さん
・2010.4〜2011.3 年間WS プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園やまぐみ
・5/18(火) パフォーマンス @NPO法人スマイル
・6/1(火) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASO
・6/26(土) パフォーマンス @高槻市 星のクリニック 老人デイケア
・8/11(水).12(木) 日本海竹野海岸 まざぁりぃふ合宿
・11/3(水) 劇団合同練習参加 @フェンススタジオ 
     ≪2011年≫
・2/16(水) 老人ホーム出張パフォーマンス
・5/19(木)〜年間WSvol.2スタート! プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園
・毎月第4木曜日開催中 エンカウンター・グループ×ワークショップ@絵本文庫
・6/1(水) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASOに出演します!
・12/18(日)パフォーマンス 大阪市民交流センターなにわ@芦原橋
     ≪2012年≫
・2/8(水)〜全5回講座 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪ @なにわ芦原橋
・3/27(火) ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座@なにわ芦原橋
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
・10/31〜11/28(水) きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続ワークショップ
     ≪2013年≫
・2013年偶数月第4木曜日 相聞の杜(ミニカウンセリング研究会)全6回 @高槻梶原
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
ピッコロの春 

今年もいよいよ始まります。ピッコロ保育園での縁坐舞台WS!

今年で、4年目を迎えます。

毎年春のこの時期はドキドキします。
さて今年もこどもたちの懐に身一つで飛び込んでいきます。

身に着けてきた、知識や技術も大事ですが、
場に身を投じることの大切さを忘れがちではないでしょうか。
そのことで生まれる、温かい本物の場が、確かにあります。

テーマや目標を設定しない非構成の時間。

本気のぶつかりあい、混沌のなか・・
おとなもこどもも驚くべきいきいきとした表情があらわれます。

どこに辿りつくかは、1年間の最後の最後まで、わかりません。
もの凄いエネルギーの波のうねりに、縁結ばれ、涙で袂を分かつその瞬間まで、
共に、自分をみつめ、仲間をみつめ、場をみつめ、懸命に遊んでみたいと思います。

近景 WS光景
15:55 - comments(0)
≪立春≫ 相聞の杜 / まざぁりぃふ 〜 第1回ミニカウンセリング


1月31日のピッコロ保育園山組っ子たちとのコラボワークショップを皮切りに
今年のまざありいふが始動しはじめました。
コラボワークショップと つい書いてしまうのは、こちらで内容を用意せず、子供たち
と話し合って出来上がっていく背景と、今回は特に 自由に好きなことを公園内で
やった時間に、なんともいえない開放感と 守られている安心感を全身で感じてしまったからでした。
実は、この疲れとか色々を背負った大人たちを 深い懐で守って 許して みつめてくれてるのは
子供たちの方なのではないのか!!
真相はいかに??まだまだ続けて 進化(深化)する過程を深く洞察して行きたいとともに、
子供たちの力を借りて 野生のアンテナにみがきをかけていきたいとおもいます。。。

さてさて 今年も芽を出したまざありいふですが、ことしはちょっと新しいことにチャレンジです。
たけのこ文庫でのエンカウンターグループを、各月で、きくワークショップにしてみます。
その名も「相聞の杜」そうもんのもり  
まずは15分間のミニカウンセリング形式からスタートし、参加者のエネルギーに合わせて
アメーバみたいに形は変容していくのかも知れません。
スタートは、私とかぜのすけのミニカウンセリングのケースを検証してみます。
相聞の杜の探検、そこにはなにがあるのか。参加してみたい方は是非ご一緒に!!

。。。青木まゆこ。。。



                相聞歌
                   ふわふわ。り




みなさま、こんにちは。

明けましておめでとうございます。
新年もよろしくお願いいたします。

毎月、梶原円坐をひらいて昨年の末で55回と会を重ねてまいりました。

新年からは、奇数月に、梶原円坐(非構成的エンカウンターグループ)を、
偶数月には、ミニカウンセリング探検隊という「相聞の杜」をはじめます。

相聞の杜を体験し探検してみたい、と直感された方はぜひご一報ください。

相聞の杜メンバーとなって、年に6回、古民家梶原たけのこ文庫に集まり、
相聞の杜を散策し、それぞれの視点や、視界や、景色を味わい、シェアし、
「ミニカウンセリング」という様式にあらはれる多層フィールドを共有します。

ミニカウンセリングの様式とは、
相互に聞き手・話し手となって、
15分間をそのまま録音し、
その時空にあらはれる、
言葉や、息づかい、
間や、沈黙、
自然の音や、環境音を、
そのまま、紙にうつしとり、
15分の時空の実相を味わう、
そのような様式のことです。

15分の録音と記録は、
二人だけの相聞歌です。

探検隊と共に耳を澄まし、
各自にそれぞれあらはれる景色を、
味わいたいと思います。

「聞き耳」と「聴く耳」とは、どんな耳なのか、ふと、気になったことがあります。

わたしの第一印象は・・
前者が、聞き身、耳を澄ます、身体で聞く、といった感覚で、
後者は聞く意思みたいな、そんな感じです。

枕草子に、
 おなじことなれども ききみみいなるもの
と、聞き耳という言葉が登場します。
「聞耳頭巾」という伝承のお伽話も、各地にあります。
この不思議な、わきおこる感覚は、わたしの中で、ひろがるばかりです。

第一回相聞の杜の咲く品、
いえ・・作品作り担当は、
スタッフのまゆちゃんとかぜのすけです。

第二回目以降は参加希望メンバーで、
作品作りのパートナーを決めていただけます。
もちろんはじめてでも大丈夫です。

ご一緒に楽しめますご縁を、
心よりお待ちしております。


相聞の杜スタッフ : まざぁりぃふ くぅ(松岡弘子)


 ・ ・ ・ 


「きくこと」
一般的にきくとは相手の話を聞く、理解する、共感する、傾聴するという感じでしょうか。
その点から行くと、私は努力しても意識しても頑張って「よっしゃ聴くぞ〜」と構えても、
なかなか、まずほとんど聞けていない。
自分がきけたと思えるようには。
相手が言っていること全ては。

でも もし「きくこと」の中に、野生的な勘を働かせながらそこの場所にいること。
相手の野生を感じ、吸収し、自分と繋がり、「あぁ〜」と沸き起こる感動を共に味わい、
自分に帰ってきた時に何かしらの自分の位置の変化に気づく。
こんな 頑張ることとはかけ離れた でも わりと命がけの向き合い方をする事。
こんな「ききあいかた」が出来ると素敵だなあ、
嬉しくて自分が広がっていけるかなあ。
なんて思う今日です。

きくワークショップ「相聞の杜」これから始まる未知の探求。
でも、本当は奥底で皆が知っていることなのかもしれない。
あぁ〜楽しみです。


相聞の杜スタッフ : まざぁりぃふ まゆちゃん(青木麻由子)


 ・ ・ ・ 


いつの頃か、「きく」ということに、
 関心を持ち始めて、今に至っています。

「きく」 には、
一般的に「聞く」、カウンセリングで言われる「聴く」などありますが、
私は「聴く」に近づきたい感じがあります。

「聴く」ことはとても難しいです。
聴けたと思ったら、
どうも思った時から、
聴くから離れている(つまり聴けていない)と感じます。

私にとっては、
これから先ずっと取り組みたいモノの一つです。

取り組んできた中で、こんなことを思うようになりました。

それは、聴くという態度の中に、なんらかの愛があるのではないか、
ということです。唐突かもしれませんが、そんな風に思うのです。
逆説的に言うと、愛がないと聴くことができない、なんです。

この愛という言葉が、適当な言葉かどうか、本当のところまだわかりません。
けれど、私は仮りに、愛という言葉を使おうと思います。

そして、ただ聴くだけでは足らないように感じます。
聴いてもらうことも必要なんです。
聴くことだけでも、聴いてもらうだけでも、違う気がします。
双方があるのが、自然な感じがします。

それの上で、「聴く」に、こだわりたいです。

これから、聴くことに関心を持った人が集まって、
聴くことと聴いてもらうこと、この双方を行って、
 どんな時間だったか、どんな感じだったかを確認して、
「聴く」を深めていけたらと思っています。


相聞の杜スタッフ : まざぁりぃふ かぜのすけ(藤崎育子)




●―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●


≪ 相聞の杜 〜 第1回 ミニカウンセリング ピッコロ(ちいさな)ふりーすぺーす ≫


◆ 日 時 : 2013年2月28日(木) 13時〜16時  

◇ 参加費 : 相聞の杜 (ミニカウンセリング) 500円

◇ ウェブサイト : http://blog.goo.ne.jp/piccolo-freespace

◇ 相聞の杜探検隊 世話人 : 松岡弘子 ・ 青木麻由子 ・ 藤崎育子  

◆ 場 所 : たけのこ文庫 (大阪府高槻市梶原1-5-13)

◇ 申 込 : piccolo-freespace@mail.goo.ne.jp 青木・松岡 080-3786-3037 松岡

◇ 主 催 : まざぁりぃふ http://pt-motherleaf.jugem.jp/


●―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●



                







00:00 ワークショップ comments(0)
きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続WS 10/31(水)~11/28(水)

大阪では、天神さん・住吉さんで馴染ある、住吉の土地で、
きくみるはなす縁坐舞台の連続WSを、開催いたします。



きくみるはなす 縁坐舞台とは・・・

日本人古来の存在感にもとづく即興芸能です。
「ご縁」のある者が、ある日ある所に集い「坐る」。お客さまが語ることば(言の葉)を丁寧に聞き受け、その心情や存在感を「縁坐舞台」にて表現します。するとその場にいる者すべてが話し手の心の一端(事の端)に触れ、様々な目に見えぬご縁(シンクロ二シティ)を感受することができます。



2・3月の芦原橋に続きまして、
おおさか住吉にて市民企画講座です!


この「住吉」は、スミヨシと読みますが、
古くは「スミノエ」と読みます。
スミノエの「エ」とは、
今でも関西圏では、良い事を「ええ」(良い)というのと同じで、
神さまが「住むのに良い」という意味です。


住吉大神はお祓いの神さまでもあり、
昔の住吉の海岸は水が美しかったということもあり、
まさに「澄み良し」という意味もあるのだそうです。


傾聴、物語、おはなし、土地との由縁、芸能、即興舞台など
みなさんと共に、味わい楽しめる時間となればとおもいます☆


ご縁あるみなさまのご参加を、心より、お待ちしています!



                     まざぁりぃふ 松岡弘子


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きくみるはなす


即興表現de人間関係力アップ講座

 

誰でもできて楽しめます! 
とても味わい深くて面白いです。
きくみるはなす縁坐舞台の体験型講座です。

日頃の心とそのままの身体でリラックスしながら
即興表現で今ここにいる新鮮な面白さを味わいましょう!
 


第1回 10/31() 14:00〜16:00
 
きく 〜  大事な隣人の言葉に耳をかたむけて、内面の視力回復力アップ!


第2回 11/ 7() 14:00〜16:00
 
みる 〜  いきいきとした人間関係とは?ケア・アンド・シェア(分かち合い)


第3回 11/14() 14:00〜16:00

はなす 〜  話すと放す。開放感と一体感のある場づくりに一緒にトライ☆


第4回 11/21() 14:00〜16:00

即興表現 〜  そのままの心と身体で、ゆったりと豊かにあじわう場づくり。


第5回 11/28() 14:00〜16:00

舞台 〜  居場所が出来るチームワークで暮らし活き活きワクワクな日々♪





●会場:大阪市立市民交流センターすみよし南
●対象:どなたでも
●講師:松岡弘子(即興表現劇団まざぁりぃふ代表)
●参加 費:無料
●その他:動きやすい服装でご参加ください。

●定員:20名(多数抽選)

      ※定員に達しない場合は締切後も受付します。

●申込締切:2012年10月24日(水)必着
●申込方法:来館・電話・FAX・ハガキにて受付。
      講座名・住所・名前・年齢・電話番号、
            何を見てのお申込みかを明記してください。

      ★定員を超えた際は抽選をし当選の方のみハガキで通知いたします。

●申込・問い合わせ先:

大阪市立市民交流センターすみよし南
〒558-0021
大阪市住吉区浅香2丁目1番9号
TEL 06-6697-0971
FAX 06-6697-1964
http://www.sumiyoshi-minami.or.jp
 
●主催:大阪市立市民交流センターすみよし南 (指定管理者:大阪市立市民交流センターすみよし南指定管理者連合体代表者 一般社団法人大阪市よさみ人権協会)

 

 










23:50 ワークショップ comments(0)
遊ぼ! 〜 WS きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台 〜 梶原ピッコロ保育園

遠景 ピッコロの風景 


風薫る若葉の眩しい5月
都会の近くの自然と歴史が豊かな梶原でスタートします。


森の木々


きく、みる、はなすといった、所作としてのはたらきと、
即興表現を体験して現場で創る真剣で楽しい遊び場です。


毎回、縁のある仲間が集まって、円坐になって始めます。


話をする人の姿や、語る人の言葉を丁寧に聴いて、観て、 
そして気持ちや存在感を舞台でそのままカタチにします。 

カタチやうごきや音がその場にいる仲間の心にふれると、
 
様々なつながりや絆や縁を感じて、 
ユニークで尊いひとりひとりの本来の姿があらわれます。


言葉が、教育専門用語として用いられると、
言葉によってシステム化・制度化されます。

ところが、
字が書けないこどもの描く、一見無意味な曲線は、
文字としては理解できないかもしれないけれど・・
カタチ(造形)として、真直ぐ場に受け止められると、

こどもの瞳は、本当にみるみる、輝いていきます!


大人や専門家の案内などなくても山や森の中でみせる逞しい、
あのこども達の姿です。


こどもたちの内面世界は、とても豊かです。
家族、友だち、現象界、空想の世界、彼方の世界、物語りの世界・・
 
自然界やありとあらゆる森羅万象とも、
豊かにつながっています。


シンプルで、とても簡単なこと、
 
またやりたいなという気持ちが自然に湧いてくること。

 
こどもたちから元気をもらいながら、  
1年間一緒にやってみようとおもいます。



この1年間の活動を温かく見守ってください。




近景 WS光景

まざぁりぃふ 松岡弘子



まざぁりぃふ。の芽 http://motherleaf.citylife-new.com/














 

00:50 - comments(0)
ボランティアにかかわるひとのための 対人関係力UP講座 @なにわ 芦原橋

本ワークショップ(講座)は終了いたしました。ありがとうございました 

                                   まざぁりぃふ  


パーソン・センタード・アプローチに基づき文化風土にも根ざしたワークショップです。

人間の本来持っているいきいきとした人間性と、人間関係について、
老若男女さまざな立場の人たちが、一緒になって楽しみながら洞察をする場です。

「繋がろう」 とか 「絆をたいせつに」と、声高らかに言わなくても、
わたしたちはもうすでに、
自分自身と、人と、家族と、たいせつな仲間と、コミュニティと、地域社会と、大事な場所と・・
豊かにつながっていることに、再び気づき始めると、
本質的な関係性に対する視力と、信頼感を取り戻していきます。

≪講座の流れ 2時間≫

1.円坐
2.傾聴ペアレッスン
3.傾聴ペアダンス
4.即興舞コンタクトインプロ
5.縁坐舞台カタチ
6.円坐


企画担当くださった市居利絵さんが、講座の様子を、

大阪市ボランティア情報センターさんのスタッフブログにご紹介くださいました。

 (以下、転載です)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



    こころとからだが温まった「対人関係力UP講座」終了



327日(火)、「閃く社協project」のひとつとして「ボランティアにかかわる人のための 対人関係力UP講座〜人も自分も、ありのまま受けとめてみよう〜」を開催しました。


 台本のない即興表現演劇(プレイバックシアター)の手法をもとにした身体ワークを使って、ボランティアにかかわるすべての人に必要な姿勢ー偏見や批判なく人の話に耳を傾け、心を大きく開けるようになるーを体感してみましょう!ということで、「即興表現劇団まざぁりぃふ」のみなさんを講師にお迎えし、大阪市立市民交流センターなにわ(浪速区)にて開催しました。


 この日の参加者は、男性7人、女性9人、年齢も20代〜80代とバラエティに富んだ16人。円座(床に円になって座ること)になって、参加の皆さんのそれぞれのお話に耳を傾ける時間(傾聴)あり、2人ペアになってのワークやダンスあり、5人チームで舞台にあがっての即興表現タイムなどなど、とても2時間とは思えないほどの、濃い内容でした!



参加者のアンケートからは、

 

★自分を解放するイメージと、相手(周囲の人)に目を向けることが実感でき、仕事にも、家族への接し方にも取り入れてみたいです。

★傾聴することは意外と簡単なのかなと感じました。「一人ひとりそのままでいい」受け入れてもらえる嬉しさを感じました。

★「ありのまま受けとめよう」を、体で感じることが出来ました。…等々


講座の様子



 講師からは、「まず、日ごろ自分が被っている鎧(よろい)に気づくことで、人とのかかわり方も変わってくるのかもしれませんね」とのコメント。


 2時間前に初めて会ったとはとても思えないほど和気あいあいとした雰囲気の会場は、終始、熱気と笑いに満ち溢れていました! 参加の皆さんの、講座が始まったときのお顔と、講座が終わったときのお顔の輝きの違いには、本当にびっくりさせられました。


 きちんと聞いてもらうこと、受けとめてもらうことで、人はこんなにのびのびできるのだということを体感し合った素敵な講座となりました!


(大阪市ボランティア情報センター市居)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まざぁりぃふこのような舞台構造を用いたワークショップ
            舞台公演・講座やチームづくり 請負ます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
             



 対人関係力UP講座 3/27 19〜21時 @なにわ 芦原橋  
閃く社協プロジェクトフライヤー 
                       チラシ(PDF)
閃く社協プロジェクト申込フォーム


芦原橋なにわの講座でうまれた、出会いとご縁で、講座が実現しました
企画は笑顔の素敵な
閃く社協Project メンバーの市居利絵さんです。



芦原橋なにわ縁繋りわくわくしてきます。今からとても楽しみな講座です。
場所はふたたび大阪市民交流センターなにわの、あの奥のお部屋です。


シンプルで簡単、新鮮で楽しい即興という場と舞台を、WSを体験しながら、
温かい場、いきいきした人間関係とは?について楽しく探求してみましょう。


ボランティアにかかわる、すべてのみなさん、
この機会にぜひいちど体験してみてください。
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まざぁりぃふ

ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座


■日時 : 平成24年3月27日(火)19:00〜21:00

■場所 : 大阪市立 市民交流センターなにわ 集会室

■対象 : ボランティアにかかわるすべての人
 (受けとめる人・送り出す人・つなぐ人・始めたい人・している人)等

■講師 : 即興表現劇団まざぁりぃふ 

■参加費 : 無料

■定員 : 20人(先着順)

■申込み締切 : 定員になり次第 締め切り

■持ち物 : タオル、飲み物、動きやすい服装(更衣室あり)

■主催 : 社会福祉法人大阪市社会福祉協議会 大阪市ボランティア情報センター

■申込み : チラシ裏面の参加申込書をご記入の上、来館されるか
          FAXもしくはお電話、Eメールにてお申込みください。

※詳細はこちらをご覧ください ⇒ 
チラシ(PDF) 地図はチラシ裏面

※会場はJR大阪環状線「芦原橋」駅下車 南口から100m。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

17:00 - comments(0)
チーム芦原橋 発動! お花見同窓会
暮らし活き活き今の自分de即興表現  
ご参加くださった皆様へ


芦原橋講座に参加したインターンリーフ まるちゃんからの呼びかけです
円坐サークル立ち上げの動き、場の継続の声が、あるそうでうれしいです

誇りにおもいます。


蓮如が『大坂』と呼んだこの辺の土地は古くは浪速なにわの名称でした。
人形浄瑠璃発祥地で本場でもあり、相撲、歌舞伎、落語、漫才、新喜劇、
桜の如く、百花繚乱の民衆文化の花が咲いた、『場所』でもあります。


個人の嫉妬、集団心理、欧米化、高度成長をもすり抜け、
桜は、権威に屈せず、花咲く『芸能』の象徴でもあります。


突き抜けるパワーと共に、なぜ人は、オドルのでしょうか?

 
チーム芦原橋、発動のようです。応援しています!
関心ある方は、まずはまるちゃんに、ご連絡を ^^


まざぁりぃふ 松岡弘子







芦原橋即興表現講座 終了生のみなさまへ

こんにちは。お久しぶりです。
講座参加者の、まるです。


昨日の大阪は春の嵐でしたが、みなさんケガなどありませんでしたか?
わたしは強風に吹き飛ばされそうになりながらも、ああほんとに春が来ているんだなあと感じておりました。

さて、芦原橋で連続5回で行われた即興表現講座の同窓会の詳細が決定いたしましたのでご案内いたします。
日にちが迫ったご案内になり申し訳ありません。


芦原橋お花見同窓会のご案内

【日時】:
4月11日(水)
午後1時集合(4時頃解散予定)

【場所】:
芦原橋交流センターなにわ1F和室
講座で使っていた舞台のあるお部屋です

【持ち物】:
飲み物、食べ物などはこちらでは用意しておりませんので、各自ご自分の分 をお持ちください。
桜のしたでお昼ご飯を食べたいかたはご自由にお持ちください。

ご自分の分の敷物もご持参ください(公園で敷きます)。


【予定している内容】:
お天気がよければ、交流センター近くの公園に移動して、お花見をしながら、講座が終わってから今までの気持ち、
現在の自分の気持ちや様子、今後してみたいことなど、語り合いたいと思います。
部屋に戻ってからも少し円坐をしたいと思います。

雨天の場合は初めから舞台のお部屋で円坐で語り合いたいと思います。

公園or部屋にかかわらず、即興表現やダンスをしたいという声がでればやってもいいなと思っています。
何が飛び出すかはみなさんの声次第です(^-^)

今回のお花見は、講座の期間中 に桜のしたで即興表現したら楽しそうだねという数人の思いつきから企画したものです。

あたたかかったあの場がなくなるのはもったいない、今後も何らかのかたちであの場を継続させていけたらという呼びかけもあり、
同じように感じている仲間がいることがわかりました。久しぶりに集まっていろんな話をするなかで、
サークルとして立ち上げたいメンバーがいれば話し合って活動することを考えていけばいいかなと思っています。

ご都合がつくようでしたらぜひご参加ください。

ご参加いただける場合はまるまでご連絡ください。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

連絡先アドレス:

team_ashiharabashiyahoo.co.jp


@に変えて送信してください。


なお、今回参加が難しくても今後また企画があるときにご案内を差し上げたいので、
よろしければご連絡先をまるまでお知らせください。 

では、春色のあたたかい日差しのなかでみなさまと再会できるのを楽しみにしております。





・・・・・・・・・・・・・・・ 

  お花見同窓会連絡係

   まるより
・・・・・・・・・・・・・・・









18:00 - comments(0)
逢坂のまち。すきやねん 〜 まざぁりぃふ・芦原橋なにわの即興表現講座

まざぁりぃふ 芦原橋なにわの即興表現講座 スタートしました !!


       大阪環状線 芦原橋


本物のご縁と 温かい応援にめぐまれ 始まりました!芦原橋講座。


円坐ではじまり、円坐でおわる 芦原橋いのちの円坐と、
シンプル簡単、新鮮で楽しく続けられて、深まりがある即興表現。

元々誰にでも備わってるもの。

お互いの心とからだの共振で響き合い、じーんと体温もあがって楽しいですよ!



              ・ ・ ・



高槻にも平安歌人伊勢が結んだ、庵を再興した伊勢寺があります

  難波(なには)潟 みじかき芦の ふしの間も 
  逢はでこの世を 過ぐしてよとや

と、厳寒の今頃の逢坂の景色と、慕情を詠った歌です


なには潟 みじかき芦の は、この歌の枕詞ですが・・
大昔のこの地は、海に近くて、芦が生い茂っていたいたそうです

難波潟の芦原の野の景色がひろがり、甦ってきそうな地名ですね



     大阪(逢坂)のまち。 すきやねん!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪


■日時 2012年2月8日・15日・22日・29日・3月7日(水) 13時30分〜15時30分 全5回
■講師 松岡 弘子 (即興表現劇団まざぁりぃふ)
■参加費 無料
■対象 どなたでも
■持物 タオル、飲物、動きやすい服
■定員 20人 
■申込締切日 2012年2月1日(水)必着 ※申込多数の場合は抽選のうえ、当選者にのみお知らせ
■申込方法 〕茣曄´電話 FAX ぅ瓠璽襦,い困譴の方法で、住所・名前(ふりがな)・年代・電話番号・FAX番号を明記し【暮らし生き生き】係までお申込みください。
■場所 大阪市立市民交流センターなにわ 大阪市浪速区浪速西1-3-10 TEL/06-6568-0791 FAX/06-6568-4989
■本講座は「即興表現劇団まざぁりぃふ」と「大阪市立市民交流センターなにわ指定管理者連合体代表者一般社団法人大阪市浪速人権協会」の協働実施です。
                 

     
暮らし活き活き今の自分de即興表現

1日目:
聴く (傾聴=自分やたいせつな人に耳を傾ける)
     ☆言葉・表現・感情等のメッセージを受け止める内面の視力回復力☆
2日目: 触れる (身体・心・存在にふれる)
     ☆ケアコンタクト ケアする心をシェアするダンス☆
3日目: 即興表現 (自分を見つめる出会いの場)
     ☆形にとらわれずみんなで思うままに作り上げよう☆
4日目: 場 (居場所が出来るグループ・チームづくり)
     ☆グループ内での役割を知り、実践する☆
5日目: 舞台 (チームワークとライブパフォーマンス)
     ☆暮らしの中で表現を楽しむ☆

即興表現劇団 まざぁりぃふ http://pt-motherleaf.jugem.jp/?pid=1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





20:00 - comments(0)
2011 ピッコロ保育園WS

  即興表現劇団 まざぁりぃふ http://pt-motherleaf.jugem.jp/?pid=1
ピッコロ さくらんぼ

 さくらんぼの花が咲くのが待ち遠しいです。今年はどんな花が咲くでしょうか



 2年目を迎えたロングランWS。
 毎回こども達から元気をもらっています、1年間のピッコロ保育園WS。


 早いもので今月2月で、このやまの仲間でWSをするのは最終回です。
 ピッコロの庭には、素敵な手作りのちいさなログハウス小屋があります。

 最終回は、愛情たっぷりの、このログハウスで。。
 こどもたちの即興物語の舞台をしたいなぁと、夢みています!

 毎回ワークショップの後は、このログハウスで、ふりかえりをしています。

 先月のふりかえりの言葉。
 あとで、ゆっくりふりかえるとまた新鮮で味わい深いことがが、いっぱいです。
 言葉が、フィールド(場)サイン=野生動物の足跡みたいで、おもしろいです。



 【ふりかえりの言葉】

・舞台は面ではなくいろんな角度がある
・表現する世界を元々わかっている
・やれる楽しみを知っている
・やらされてる感がない
・何かになることが本当に楽しい
・ゲームのなかで楽しむのではなく純粋にその場を楽しむ
・そこにいるときから始まっている
・終わりがこどもの中から出てきた
鬼ごっこと警泥を多数決ではなく揺れながら話し合った
・揺れることはいいこと
・誰かに決められない
・何でも遊びになる
(あいまいさも)
・すでにすはらしい演出がこどもたちによってなされている






”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
■大阪市浪速区・芦原橋■ 暮らし活き活き!今の自分de即興表現 

大阪市民交流センターなにわ/申込・問合せありがとうございました!/まざぁりぃふ
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””












23:50 - comments(0)
にっこりコラボ
  即興表現劇団 まざぁりぃふ http://pt-motherleaf.jugem.jp/?pid=1
にっこり・まざぁりぃふ 

 
 石巻女性の手仕事 応援してください。

昨年秋仲間が発信した情報がふとなぜか目に留まりました。
復興支援に関する情報が溢れるなか、ふと目に留まった・・

にっこりという言葉なのか、手仕事という言葉だったのか、
仲間の人の言葉の行間から、なにかが、出ていたようだ。

まざぁりぃふメンバーの庭で摘んだマザーリーフの葉をいっぱい分けてもらい、
袋につめ夜なべして、翌朝豪雨の中、ピッコロ保育園に届けて、
ピッコロまつりのフリーマーケットに出品しました。




 まざぁりぃふの、ちいさな、コラボのはじまりです




ルーテルとなりびと 北上ミサンガ
http://lutheran-tonaribito.blogspot.com/2011/10/blog-post_04.html

被災地各地でミサンガ作りが行われていますが、
北上町の女性の方々が仮設住宅の集会所等で
あーでもない、こーでもないとおしゃべりしながら
楽しそうに、そして一生懸命作っていらっしゃる姿をみて
たくさんの方々に北上の女性の手仕事を応援していただきたいと思い、
ルーテルでも販売の協力をさせていただくことにいたしました。

と、現地スタッフの遠藤さん。1つ500円 (担当:遠藤さん)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪


■日時 2012年2月8日・15日・22日・29日・3月7日(水) 13時30分〜15時30分 全5回
■講師 松岡 弘子 (即興表現劇団まざぁりぃふ)
■参加費 無料
■対象 どなたでも
■持物 タオル、飲物、動きやすい服
■定員 20人 
■申込締切日 2012年2月1日(水)必着 ※申込多数の場合は抽選のうえ、当選者にのみお知らせ
■申込方法 〕茣曄´電話 FAX ぅ瓠璽襦,い困譴の方法で、住所・名前(ふりがな)・年代・電話番号・FAX番号を明記し【暮らし生き生き】係までお申込みください。
■場所 大阪市立市民交流センターなにわ 大阪市浪速区浪速西1-3-10 TEL/06-6568-0791 FAX/06-6568-4989
■本講座は「即興表現劇団まざぁりぃふ」と「大阪市立市民交流センターなにわ指定管理者連合体代表者一般社団法人大阪市浪速人権協会」の協働実施です。
                 

     暮らし活き活き今の自分de即興表現

1日目:
聴く (傾聴=自分やたいせつな人に耳を傾ける)
     ☆言葉・表現・感情等のメッセージを受け止める内面の視力回復力☆
2日目: 触れる (身体・心・存在にふれる)
     ☆ケアコンタクト ケアする心をシェアするダンス☆
3日目: 即興表現 (自分を見つめる出会いの場)
     ☆形にとらわれずみんなで思うままに作り上げよう☆
4日目: 場 (居場所が出来るグループ・チームづくり)
     ☆グループ内での役割を知り、実践する☆
5日目: 舞台 (チームワークとライブパフォーマンス)
     ☆暮らしの中で表現を楽しむ☆

即興表現劇団 まざぁりぃふ http://pt-motherleaf.jugem.jp/?pid=1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





13:00 - comments(0)
2012.2.8~全5回 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪

     暮らし活き活き!コミュニティプロデュース♪
 
暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪


■日時 2012年2月8日・15日・22日・29日・3月7日(水) 13時30分〜15時30分 全5回

■講師 松岡 弘子 (即興表現劇団まざぁりぃふ)

■参加費 無料

■対象 どなたでも

■持物 タオル、飲物、動きやすい服装

■定員 20人 

■申込締切日 2012年2月1日(水)必着 ※申込多数の場合は抽選のうえ、当選者にのみお知らせ

■申込方法 〕茣曄´電話 FAX ぅ瓠璽襦,い困譴の方法で、住所・名前(ふりがな)・年代・電話番号・FAX番号を明記し【暮らし生き生き】係までお申込みください。

■場所 大阪市立市民交流センターなにわ 大阪市浪速区浪速西1-3-10 TEL/06-6568-0791 FAX/06-6568-4989

■本講座は「即興表現劇団まざぁりぃふ」と「大阪市立市民交流センターなにわ指定管理者連合体代表者一般社団法人大阪市浪速人権協会」の協働実施です。


       暮らし活き活きコミュニティプロデュース!
                 
 暮らし活き活き今の自分de即興表現


一期一会の出会い(出遭い)の場、共感や癒しをもたらす、台本のない即興表現の舞台です

世代や性別を超えて、一緒に楽しみましょう!経験は必要ありません。誰でも楽しめます♪

あなたはあなたの人生(舞台)の主役です。あなた自身の心の声に耳を傾けて表現してみませんか?


【内  容】

1日目:
聴く (傾聴=自分やたいせつな人に耳を傾ける)

     ☆言葉・表現・感情等のメッセージを受け止める内面の視力回復力☆

2日目: 触れる (身体・心・存在にふれる)

     ☆ケアコンタクト ケアする心をシェアするダンス☆

3日目: 即興表現 (自分を見つめる出会いの場)

     ☆形にとらわれずみんなで思うままに作り上げよう☆

4日目: 場 (居場所が出来るグループ・チームづくり)

     ☆グループ内での役割を知り、実践する☆

5日目: 舞台 (チームワークとライブパフォーマンス)

     ☆暮らしの中で表現を楽しむ☆





               

 たいせつなことは、いまの自分が幸せになることです




10:00 ワークショップ comments(0)
<< 2/5PAGES >>