≪2010年≫
・4/21(水) WS 自分流ダンスとプレイバックシアター 講師:橋本久仁彦さん
・2010.4〜2011.3 年間WS プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園やまぐみ
・5/18(火) パフォーマンス @NPO法人スマイル
・6/1(火) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASO
・6/26(土) パフォーマンス @高槻市 星のクリニック 老人デイケア
・8/11(水).12(木) 日本海竹野海岸 まざぁりぃふ合宿
・11/3(水) 劇団合同練習参加 @フェンススタジオ 
     ≪2011年≫
・2/16(水) 老人ホーム出張パフォーマンス
・5/19(木)〜年間WSvol.2スタート! プレイバックdeあそぼ!@ピッコロ保育園
・毎月第4木曜日開催中 エンカウンター・グループ×ワークショップ@絵本文庫
・6/1(水) パフォーマンス キャンドルナイトウィーク @CASOに出演します!
・12/18(日)パフォーマンス 大阪市民交流センターなにわ@芦原橋
     ≪2012年≫
・2/8(水)〜全5回講座 暮らし活き活き!今の自分de即興表現♪ @なにわ芦原橋
・3/27(火) ボランティアにかかわるひとのための対人関係力UP講座@なにわ芦原橋
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
・10/31〜11/28(水) きくみるはなす すみよし南 縁坐舞台 連続ワークショップ
     ≪2013年≫
・2013年偶数月第4木曜日 相聞の杜(ミニカウンセリング研究会)全6回 @高槻梶原
・5月スタート 遊ぼ!〜きくみるはなす ピッコロ 縁坐舞台WS〜@梶原ピッコロ保育園
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
自分流リラックスダンスとプレイバックシアターの基礎WS

劇団まざぁりぃふ:主催 講師:橋本久仁彦さん 
ダンスとプレイバックシアターワークショップの ご案内


どうぞ、気軽に、のぞいてみてくださいね。お待ちしてます。


申込・お問合encounter.freespace@gmail.com

               劇団まざぁりぃふ主宰 まつおかひろこ

 


自分流リラックスダンス と プレイバックシアターの基礎 詳細――――――――――――――――――――――――――

 日 時 : 12月 9日(水) 10:00〜13:00

 会 費 : 5,000円 @高槻現代劇場  
 
 講 師 : 橋本久仁彦さん
        プレイバックシアタープロデュース 代表

 申 込 : encounter.freespace@gmail.com
        080-3786-3037 (松岡弘子)

 http://basic-encountergroup.blog.drecom.jp/ 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


こんにちは。

くぅです。もうすぐ12月ですね。いかがお過ごしですか?

12月のご案内です。

プレイバックシアターは・・
ご自分のお話を伺って、そのまんま、その場で、即興表現する舞台です。どんな場所においても、今ここの時空間を、日常感覚の世界から結界し、場の維持と守衛を行うことによって現れる舞台ともいえるとおもいます。そのような場に立つのは、ごく普通の暮らしを営む人たちのカラダです。なのに、本格的なダンサーやミュージシャンのカラダにも劣らない程の、強力なエネルギーが、場に出現してくるのは、一体なぜなのでしょうか。

そのような舞台空間と、日常感覚を生きる観客席空間。結界線をはさんで、共存し、作用しあう二つの世界を、そのままのカラダと心のまんまで、ご一緒しませんか。

私は毎回、人生における面白い発見をしています。どうぞ気軽に覗いてみて下さいね。お待ちしています。

                    ふりーすぺーす 松岡弘子


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


皆様。

 12月9日水曜日午前10時から13時まで下記の要領でプレイバックシアター高槻クラスを開催します。

徳島の「アワ’sプレイバックシアター」に続いて先日旗揚げしたばかりのお母さん達の劇団「まざぁりぃふ」は美容室公演に続いて今度は保育園のお祭りに出現し、ダンサブルな動く彫刻を繰り広げました。

見事な機動力を発揮して「作用」を開始した彼女たちの舞台空間におおいに期待しています。

末尾の体験報告もぜひご覧くださいませ。

昨日は徳島市でやはりお母さん方のエンカウンターグループを行いましたが、

僕にとって子供を育てておられる女性達は素晴らしい「素材」であると感じています。


「子育て支援」をする対象には見えなくなってきていて、一人ひとりに表現者・アーティストとしての計り知れないエネルギーや情熱を感じます。

「母親族」という非常に生命力豊かな新たな民族を発見したような気分です。今後さらに彼女たちの国の奥深くへ旅を続けて行きたいと思います。


では以下、まざぁりぃふ代表のくぅからのご案内をどうぞ。

                       はしもとくにひこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
     

美容室初公演に続いて、
劇団まざぁりぃふは先月、保育園のお祭りに登場しました。

大音量のマイクや楽器を使っての野外ライブが同時におこなわれている中、大きな音や声でアナウンスできない状況下、小さな小屋(ログハウス)で、プレイバックシアターのパフォーマンスを、開演することに、なりました。

ところが・・・

パフォーマンスが始まると、小屋の中のエネルギーが、小屋の外にまで共鳴し始めたかのようにたくさんの人が集まり始めました。小屋の中は、なにか強力な磁力を持つ場に、変容していたのでしょうか・・縁側のさらに外側や、窓から覗く大人やこども達を、吸い寄せていました。

まだまだ、若葉の初心者マークのまざぁりぃふですが、しっかりと地に根ざし、ぼちぼちといろんな人や場と、つながっていけたらと想います。

どうぞよろしくおねがいします。

以下まざぁりぃふのメンバーのシェアですm(__)m。


                     まつおかひろこ

                  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ピッコロ祭りでのパフォーマンスでは、外側に飛んで行きそうな意識と、内側に帰って来る意識が波の様に行ったり来たりしました。内側に帰ってきて集中していて、気が付くと外側から沢山の人達がログハウスに吸い寄せられるように集まって来ていました。

凄い過酷な状況でのスタートでしたが、あの小さなスペースでお客さんの足を踏みそうになりながらやるパフォーマンスと、波の様な意識、アクタ―4人の中に響き伝わる感触、内側に引き戻してくれる音、一生懸命場を紡ぎ出すファシリテイト、ぜーんぶが自分に取って新鮮で、新しくて楽しかったです。

もっとジャンジャンこんな場をやりまくりたいと思いました。

           まざぁりぃふ 青木まゆこ(アクター)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピッコロまつり。今年は呆気ないようで、でもっ今年も楽しい!1日でした。みんな、みんな、ありがとう。

今さっき、参加してくれてたママと女の子から、「ありがとうございました!不思議な感じ!家に帰ってママと子でプレイバックやってみた〜〜」と聞きました。

(外の)ライブの音楽も、一部としてあって、ログハウス内からその周囲は、プレイバックの場であり〜そこに子どもたちも大人たちも集まって〜全部で…あのピッコロのまざぁりぃふの場が出来上がっていた!そんな感じに今、思えます。

私の音は、外にいる人たちには小さすぎてとかも思ったが、アクターのエネルギー*ひろこさんの静かやけどきりっとした姿勢。大きな音は必要ないし、私も大きな音は出したくない!魅入って聴き入って貰えたら〜〜って感じでした。

           まざぁりぃふ ゆかり(ミュージシャン)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

懐かしい保育園でのお祭り、楽しかったです。

コンダクターとしての集中やキープには、思った以上にエネルギーを使い疲れましたが、今回の場にたっぷり鍛えられた感も、同時にありました。

今回の状況のおかげでコンダクターの位置からの視界や景色は、舞台空間←【左側・自身のカラダ・右側】→日常的感覚空間の、両世界を結界し自身の身体を扉に両世界が作用し織り成す場に、おのずと、意識を向かわせてくれる、いい機会にもなりました。実際に、カラダを通すと、確かな大きな気づきとなるのですね。

コンダクターは透明な存在で、ある意味孤独な立ち位置ではあるけれど、大切な要の位置に立っているという事実にも、出遭うことが出来ました。チームメンバーとの信頼感や親密度もUPし、貴重な機会でした。次回は、どんな出遭いや場が待っているのでしょうか。

出遭いや流れの本質を受けとめて、自分の真実の道を探り、一歩一歩前に進み生きたいと思います。。

           まざぁりぃふ 松岡ひろこ(コンダクター)







まつおかひろこ
 

06:00 ワークショップ comments(0)
§ リラックスダンス プレイバックシアター ワークショップ 


ワークショップ



仲間と一緒に
あるいは一人で
互いに評価したり、裁いたりすることなく
ココロとカラダのおも向くままに
暖かい場の中で「動くこと」

それを「自分流ダンス」と呼びたいと思います。

それはそのままプレイバックシアター(「癒しの劇場」と呼ばれる即興表現芸術)
の場へと自然につながっていくことができます。

いつでも気軽にオドリに来ることができる小さな場所。
そこから、人間の深い感情や人生の物語に感応して表現するプレイバックシアターの営みまで
オドリながら進んでいきます。

この「オドル」流れの中で、
高槻市の仲間を中心にプレイバックシアターの劇団を一つ作ります。

ということで・・・
ただオドリたいだけの人
プレイバックシアターに親しみたい人
劇団活動に関心のある人
なんとなく居場所や仲間がほしい人。。

どなたでも大歓迎です。お気軽にのぞいてみてください。


              プレイバックシアタープロデュース  橋本久仁彦

・・・  ・・・   ・・・

新しい『場』が生まれます

いま、この場で語っている語り手(テラー)の内面の表象(シンボル)を
そのまま「リアルな存在」に素描(デッサン)するプレイバックシアター。


   シンボルは、シン‐ボルsym-bole
   元々は二つに分けられたものという意味
   その片割れを持ち寄った者同士がそれを合わせることで
   互いを認め合うことができる、それは一種のパスワードのようなもの

   デッサンは、デザインと語源がいっしょで、デ‐サイン
   元々の意味は、記号に表現する
   思考概念の組立を言語的に行ってから、表現に移すのではない、みたい

自分流リラックスダンスとプレイバックシアターの基礎 は、
ちいさな、ちいさな、フェアグラウンド・プロジェクトの、始まりです。


朝と夜の身体で、
リラックスダンスから、 そのまんま、プレイバックシアターへ。

リラックスした身体の動きには、うまい、へた、はない
じぶんの、そのまんまの動きが、現れてくる、ようです。

そのひとのそのままから生まれる
一瞬一瞬の動きや流れは、本当に 「美しい」 です


デッサン画の、シンプルな線描に、なぜか強烈に・・魅せられるのと似ています。
画家と、モチーフとの、一体感(原初的摸倣にも似た)による線描には、
じぶんの体験やまだボリュームアップし得ないイメージが感じられ、

モノクロの線の余白には、多彩な色が、そして音やにおいや温度まで想起されます。



  ダンスPTの後は、自分の身体を、周囲の見慣れた景色を、
  どのように、感覚し始めるのでしょうか?

  よかったらご一緒しませんか。どなたでも、どうぞ。。  お待ちしてます 

                           ふりーすぺーす 松岡 弘子




【 ワークショップ詳細 】

 講 師 : 橋本久仁彦さん(国際プレイバックシアターIPTNプラクティショナー)
         PTプロデュース、シアター・ザ・フェンス代表

 日 程
 :   5/276/107/158/199/16
        10/1411/1812/91/202/17 
(全水曜)
 時 間 : 10:0013:00 
 場 所 : 高槻現代劇場  参加費 : 5000円 
 テーゼ :  非日常空間(ハレ)の中で、
        ふつうの人が互いに、語り踊り癒し癒され、

       終わると日常()にもどってゆくように  〜 
         
 対 象 :  ダンスやプレイバックシアター経験不要 どなたでもどうぞ。   
 申 込 : hiroko815@mail.goo.ne.jp 080-3786-3037 松岡
 
主 催 : ふりーすぺーす 

00:00 ワークショップ comments(0)
<< 2/2PAGES